総量規制対象外銀行カードローン

総量規制対象外の銀行カードローンが人気な理由

総量規制対象外の銀行カードローンがすごく人気になっています。なぜなんでしょうか?総量規制対象外の銀行カードローンが人気の理由を調べてきました。

 

総量規制とは?なにか説明できますか?

 

総量規制とは、年収3分の1までしか借入ができない貸金業法の法律です。総量規制ができる前は、借りる限度は法律では決められていませんでした。

 

しかし、平成22年6月に貸金業法が改正となり、総量規制が施行されてしまたのです。

 

その為、今までは限度額内で空きがあれば、追加借入ができていた人も、借金が年収3分の1を超えた時点で、消費者金融側から追加融資の停止処置を取られますので、突然にいきなり融資がストップしてしますのです。

 

このように借金はその人の年収の3分の1までと決めたルールが総量規制なのです。

総量規制対象外とはなんですか?

では総量規制対象外とはなんなのか?簡単に言えば総量規制の対象外です。。。すごく簡単に言ってしまいましたけれど、総量規制はすごーく深い法律で、普通の人にはまず理解することが難しいでしょう。

 

総量規制は消費者金融やクレジット会社、信販会社などの貸金業者と言われる会社が規制を受けます。貸金業者とはノンバンクで融資をしている会社は全部と言って良いほど貸金業者になります。

 

しかし、銀行などの預け入れができる金融機関は貸金業者には含まれません。

 

だから、銀行が融資している貸付はすべて総量規制とは関係がありません。このように総量規制とは関係が無いことを総量規制対象外と言っているのです。

総量規制対象外は年収3分の1を超えても借入ができるの?

総量規制対象外は年収規制が無いので、年収の3分の1を超えたとしても融資することは可能なんです。厳密に言えば、融資すること自体、法律で禁止されている訳ではありません。

 

しかし、年収の3分の1以上借りられるかは当然審査次第となります。銀行が総量規制対象外になりますので、銀行の審査を通過すれば年収3分の1を超えても借りることは可能と言えます。

 

ですが、あくまで銀行です。借入が年収3分の1まである人は、それなりに多重債務者と言われるグループに所属する人達です。そのような人達へ銀行が融資をするのか?と冷静に考えれば分かることですが、実際問題、年収の3分の1を超えて銀行が融資するケースは非常に稀ということができるのです。

どのようなケースだったら、銀行は年収3分の1以上貸してくるの?

これは非常に難しい問題ですが、一つ言えるのは、返済能力の問題です。総量規制は全ての人が消費者金融などの貸金業者から借入する場合1/3と決めたルールですが、返済能力はすべての人が同じではありません。

 

例えば、年収600万円の人は総量規制によって借りれる金額は1/3の200万円ですが、結婚していて、奥さんは主婦、子供は3人いる人の返済能力と、同じ年収600万円でも、独身で寮住まい(家賃が安い)人とでは、家計にかかる金額も全然違い、独身の年収600万円の人はそれなりに返済できる金額は高いことが予想されます。

 

このように、あくまで年収が同じだったとしての、その人の生活環境によって、返済能力は違い、返済能力があると認められた人には、銀行は年収1/3を超えたとしても、融資する可能性はあると言えるのです。

総量規制対象外の銀行カードローンが人気な理由とは?

総量規制対象外の銀行カードローンが人気な理由はさまざまな要因があるのは事実です。

 

当サイトでは、なぜ総量規制対象外の銀行カードローンが人気なのかを、さまざまな角度から調査し、報告していきます。

 

そして、銀行カードローンを借りる人にとって参考になれば幸いです。