総量規制対象外は収入証明書不要で借りれる!

総量規制対象外は収入証明書不要で借りることができます。

 

収入証明書不要と言うのは誤解を招きますが、実際にはほとんどの銀行カードローンでは、限度額100万円以下は収入証明書不要となっているのです。

 

カードローンやキャッシングで利用する人で一番多い限度額は50万円だと思います。カードローンは枠が大きいのは使ってしまう不安にかられますし、限度額が少ないのも、いざとなったときに心配だからです。

 

そういう意味では、50万円という限度額はカードローンを最初に借りる人にとっては最も使い勝手の良い金額だと思われます。

消費者金融では50万円を超える場合は収入証明書が必要

消費者金融やクレジットカードのキャッシングでは50万円を超える場合又は、他の貸金業者の借入と合わせ100万円を超える場合は収入証明書を審査で提出しなければなりません。これは貸金業法で決められている法律なのです。

 

収入証明書とは、サラリーマンであれば源泉徴収票、自営の人であれば確定申告書となりますが、源泉徴収票をいつも持っている人はあまりいないのではないでしょうか?

 

会社員が源泉徴収票をもらうのは12月の年末調整時であり、その付近ならまだしも、12月から数か月経ったときにカードローンを申込みしようと思っても源泉徴収票がなければ審査で必要と言われた場合に結果は提出するまで出ないことになります。

収入証明書が必要でない場合

消費者金融では50万円以下で、尚且つ、他の消費者金融の借入と合わせ100万円以下であれば、原則収入証明書の提出は不要となっています。しかし、これはあくまで原則不要としているだけであって、審査で消費者金融側が提出が必要と判断すれば、出さなければなりません。

 

しかし、銀行カードローンは違います。銀行カードローンは貸金業法とは関係が無い、銀行法になりますので、限度額100万円以下であれば、基本的に収入証明書は不要となるのです。そして、他の借入については関係無く、他社で多く借りていようとも、申込みした銀行カードローンの限度額が100万円以下なら収入証明書はいりません。
もし、収入証明書を持っておらずに、カードローンの申込みを考えているのならば、銀行カードローンへ申込みすることをおすすめいたします。

 

銀行カードローンの中では、オリックス銀行カードローンのように300万円以下は原則収入証明書不要のカードローンもあるのです。

総量規制対象外は収入証明書不要で借りれる!記事一覧

カードローンを扱っている業者には銀行、消費者金融、クレジット会社があります。カードローンの中身を比較すると金利の低さでは銀行が優れていますが、サービスの質では消費者金融の方が勝っています。特に、自分の保有している銀行口座への振込キャッシングを利用したい時や、借入金の返済を口座からの引き落としにしたい時などには消費者金融の方の利便性が高くなっていますそこで、消費者金融のカードローンに申し込もうとした...