カードローン審査するならどこへ申込む?

カードローン審査にはいろいろな申込み先があります。消費者金融、クレジットカードのキャッシング、信販会社のキャッシング、銀行カードローンがありますが、おすすめな審査申込み先はどこなのか?

 

カードローン審査にまだ申込みしたことが無い人は種類の多さからどこに申込みするのが一番安全で、メリットが高いのか分からないでしょう。ここではカードローン審査について詳しく書いていきます。

カードローン審査を一回で通過したいならば消費者金融へ!

まず、カードローン審査は一回で通りたいならば、消費者金融へ申込みすることがおすすめとなります。なぜなら、消費者金融が審査通過する確率が最も高いと言うことができ、審査に不安を持っている人は消費者金融がベストです。

 

消費者金融にも大手から、中堅、中堅より小さい地元密着な金融会社までありますが、最初に申込みするならば、大手消費者金融でしょう。

 

今の大手消費者金融はすべて銀行傘下となっており、安心・安全に借入することが可能となっています。特におすすめなのは、アコムとプロミスです。消費者金融で一番貸付残高が大きいのはしばらくアコムでしたが、最近になってプロミスへ変わりました。

 

今の消費者金融最大手はプロミスとも言えます。プロミスは三井住友銀行の完全子会社となっており、審査時間は最短30分、14時までにWEB契約を完了することで最短即日融資も対応しています。

 

アコム・プロミスであれば、収入が100万円以上あり、勤続年数も3年以上で、借入が全く無ければ、余程の事が無い限り、審査に通る可能性は高いでしょう。

消費者金融は積極融資中なのか?

今消費者金融等の貸金業者は2010年より総量規制という法律によって、貸付が一定金額までしかできなくなっております。申込み者の年収3分の1までしか貸付できない法律になっており、消費者金融では申込み時点で借入が年収の3分の1を超えている場合は問答無用で断りにしなければならないのです。

 

これは、消費者金融会社からみれば、非常に辛い法律で、今までは仮に年収3分の1を超えていたとしても、その会社の独自審査基準によって貸付が可能と判断すれば融資することが可能でした。

 

これこそが消費者金融会社の最大のノウハウであり、借入が多くても、その人の収入や家族構成より、回収が可能かどうか判断できていたのです。

 

しかし、今はそんなノウハウも正直必要ありません。信用情報によって年収の3分の1までの借入か否かの審査でカードローンの審査の約7割程度は完了したと言っても過言ではないでしょう。

 

そんな状況ですが、仮に総量規制の範囲内だった人からの申込みであれば、貸付できない時代になっているので、各社積極融資をしていくことは明白です。自社が貸さなかったら、他社が貸すだけの椅子取りゲームになっているのです。

 

そう考えれば、借入が少ない人は、カードローン審査はよほどの事が無い限り、消費者金融へ申込みすることによって、借りられる可能性は非常に高いと言えるのです。

 

以上のことによって、カードローン審査するならば、今は消費者金融がベストな選択となっているのです。