関信用金庫カードローンの内容とは?

関信キャプチヤ

岐阜県には7つの信用金庫がありますが、一番古いのは明治41年に創立された関市の関信用金庫です。

 

ただ、金庫としての規模は小さく、県内で一番大きい岐阜信用金庫の10分の1程度でしかありません。関信用金庫には6種類のカードローンがあります。

せきしんカードローン

利用限度額は30・50・100万円の3コースがあり、金利は一律8.975%であるため、都市銀行のカードローンより格段に利用価値が高くなっています。さらに、関信用金庫を給与の振込口座にしていると、金利が1.5%も割り引かれます。

 

借入はローンカードでATMから行い、返済は定額返済で、毎月10日の関信用金庫口座からの引き落としです。

 

約定返済額は利用限度額ごとに決められており、30万円コースは1万円、50万円コースは1万5千円、100万円コースは2万円です。なお、約定返済の他に任意の追加返済としてATMからの入金もできます。

 

ところで、せきしんカードローンには随時返済型もあり、スペックは定額返済型と全く異なっています。随時返済というのは約定返済が無く、利用者が任意の日に任意の金額を口座に入金する返済方法のことです。

 

利用限度額は10万円単位で100万円まであり、金利は13.0%と定額返済型より大分高くなっています。

きゃっする

利用限度額は10万円単位による50万円までと、その他、70・99・150・200万円の計9コースがあります。金利は99万円コースまでが14.5%で都市銀行カードローン並みですが、150・200万円コースは12.5%と若干割高です。

 

借入・返済方法は「せきしんカードローン」と変わらず、約定返済額は50万円コースまでが1万円、70万円コースは1万5千円、99万円コースは2万円などとなっています。

前途洋洋

学校等(保育園・高等学校・予備校・大学、他)に入学・就学中の子どもを持つ親のためのカードローンです。就学中はカードローン(当座貸越)として利用し、卒業後に返済専用の証書貸付に切り替わります。

 

カードローン期間は最長4年9ヵ月(卒業予定月の3ヵ月後の月末まで)で、証書貸付の期間は3ヵ月以上10年以内となります。

 

利用限度額は50万円以上10万円単位で300万円まであり、金利は一律3.5%と非常に恵まれています。さらに、関信用金庫との取引状況によって金利の割引サービスを受けられます。

 

カードローン期間中の返済は元金が据え置かれて、利息のみが口座から引き落とされます。元金の返済については、証書貸付に切り替わった後、元利均等払いで支払います。なお、カードローン期間中に任意返済として元金を返済することも可能です。

 

関信用金庫カードローンの総評

岐阜県で小さい規模と比例して、カードローンのスペックはそこまで高くありませんが、金利だけで言えば、かなり低くなってるため、地元でよく利用する人にはおすすめできるカードローンになっています。

 

しかし、即日融資の点や、内緒で借りたい人にとっては、物足りないスペックと言わざるを得ません。モビットのようにカードレス対応で、郵便物も一切無く借りれるのは、まだ信用金庫に望むのは早いのかもしれません。